臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄とは

群星沖縄臨床研修センター長あいさつ

群星沖縄臨床研修センター長 徳田 安春

群星沖縄臨床研修センター長
徳田 安春


群星沖縄臨床研修センターの徳田安春です。宮城征四郎先生(現名誉センター長)よりバトンを引き継いで平成29年度からセンター長をやらせていただいています。

当センターは、救急とプライマリケア診療が日本の中で最も充実している「教育に熱い」沖縄において、初期研修プログラムをさらに充実させるためにできた、民間教育病院アライアンスのプロジェクトです。

毎月2回ずつ各病院においておこなわれる研修医中心のセンター長教育回診では私も共に勉強しています。その際にフィジカル所見の取り方について直接指導を行っています。

群星と正式に提携したミシガン大学医学部から、サンジェイ・セイント教授などの世界的な有名指導医やチーフレジデントクラスの若手医師が定期的に招聘されて教育回診を行い、研修医教育に貢献しています。
希望する研修医は、ミシガン大学の見学や共同研究に参加することもできます。

群星沖縄の教育病院群での研修医は、指導医やシニアレジデント、先輩研修医からの熱心な屋根瓦式指導を受けます。適切な指導のもとで研修医が経験する症例は圧倒的に多く、将来医師になる上の重要な基礎作りに役に立ちます。

これまで修了した研修医には、沖縄や日本各地だけでなく、欧米やアジアも含む世界各地の医療に貢献しています。米国レジデントやフェローシップに進んだ医師、国内外のパブリックヘルス系大学院への進学者、あるいは厚生労働省の感染症危機管理フェロー医師なども輩出しています。

多数の教育病院アライアンスによるスケールメリットにより、研修医はそれぞれの希望に応じてカスタマイズし充実したローテーションで研修します。
また、オリエンテーション、各種セミナーや勉強会、楽しい忘年会などもあり、みんなで協力しながら楽しく研修して基本的臨床能力を身に付けることができます。

全国の医学生の皆さんの群星沖縄への研修参加をお待ちしています。